東京の幼稚園受験を上手に乗り切るコツ

有名私立などの園を目指して親子で奮闘される方は多いです。確かに、親子で一緒に向き合い頑張らなければ合格を勝ち取ることは難しいですが、親が頑張りすぎてしまい、疲れてしまい親子関係がうまくいかなくなってしまう場合も多々あります。
確かに、この段階で合格してしまえば、その後の中学や高校、大学は楽に進めるのかもしれませんし、人生の最初に与えられた試練としては超えたいという思いはあるかもしれしれませんが、ここでストレスをためてしまうことは、将来的にあまり良いこととは言えません。ですので、特に親御さんがあまり思い詰めてしまわないことが大切です。
もし仮にうまくいかなかったとしても、あまり落ち込まず、これからまだまだ先に人生はつながっているというおおらかな気持ちで臨みましょう。

東京の幼稚園受験に臨むための心の持ち方

東京の幼稚園の受験は人気のあるところですと、10倍を超す倍率になっており、それだけに親御さんはピリピリとしてしまいがちです。特に、本番が近づいてくると、子供以上に親御さんの方が精神的に辛くなってくることも多いでしょう。
ですが、そのような親御さんの気持ちを子供は敏感に感じ取ってしまいます。結果的にそれが裏目に出てしまい、本番もうまくいかなくなってしまうという悪循環に陥ることもあります。実際、本番が近づいてくると、平常心でいることは難しくなるかもしれませんが、あまり思い詰めないようにすることが大切です。
できれば、そこに向かってまっしぐらではなく、少し息抜きできる時間を親御さんもお子さんも一緒に持てると、また気持ちを新たに頑張れるのではないでしょうか。

周りをライバルだと思いすぎないこと

東京の幼稚園を受験する場合、どうしても近所に同じところを受ける人がいて、目に付きやすくなってしまいます。そして、よそのお子さんと自分のお子さんを比べてしまうといったことが起こりやすくなります。
これは人間である以上は仕方がないことですが、人と自分の子供を比較してもしかたがないことですし、それは子供にとってもあまり良い影響を及ぼすとは言えません。むしろ、劣等感の塊となってしまう可能性があります。
よそのお子さんにもご自分のお子さんにも、それぞれ良いところがあるので、なるべく自分のお子さんの良いところを見ていくようにしましょう。そうして気持ちをおおらかに持つことで、お子さんものびのびとした気持ちで本番を迎えることができます。
親子でリラックスして本番に臨むことが、合格を勝ち取るためにも大切なことです。

詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 東京で幼稚園受験なら伸芽会がおすすめ